保険屋の友人に騙された話 - 保険はいつ必要?

こんにちは、茶碗です。

お金に対する知識がないと、簡単に騙されますよね。

そんな私も20代の時に保険屋の友人にまんまと騙されました。

この記事はこんな方におすすめ

  • 新卒、若手の社会人
  • 生命保険に入ろうか迷っている人
  • 友人に保険屋がいる人
  • 独身の方

もしみなさんも今上記に該当するのであれば、ご一読ください。

保険屋になった友人

大学の友人が保険のセールスマンになり呼び出された私は、こういわれたのです。

「急に病気になったり怪我して働けなくなったらどうする?」

「今まだ若いから保険料安いよ」

「健康なうちじゃないと入れないから」

アメリカ人は保険に資産の3割を充ててるよ

なんの知識もなかった私は「確かになぁ」「入っておいても損はないか」と思ってしまったのです。

アメリカ人に関しては分からんかったけどな。

 

私が入ってしまった保険

こうして入った積み立て型の保険は、以下の保険です。

  1. 手首がちょんぎれてもう働けなくなったときに支払われる高度障害保険
  2. 自分が死んだ時に支払われる生命保険

高度障害とは以下のようなケースに支払われます。

ポイント

・両眼の視力を永久に失った
・言語またはそしゃくの機能を全く永久に失った
・中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要する
・両手の関節以上を永久に失った
・両足の足関節以上を全く永久に失った 等


積み立てだからいつか返ってくるし、こんなお得な商品はない!

と思った私は意気揚々と契約してしまいました。

その金額、年間100万円ぐらい・・。

 

保険料の支払い先は?

今になってこう思います。

いや、これ誰のための保険?

当時私は独身でした。

配偶者もいなければ子供もいない・・強いて言うなら親のため・・?

独身の方に伝えたい。あなたの親御さんはあなたが亡くなって得る保険料なんかより、あなたが亡くなったことの方が何倍も辛いのですよ・・。

おワン
そもそもお前健康体やのになんで入る必要あるねん
リスクばっかりに焦点当てるとこういうことになるんやろな
茶碗

そもそも保険とは

保険は「持っていれば安心」ですよね。

なぜ安心なのかというと、保険があればお金の心配をしなくて良いからですよね。

でもそれ、かかるリスクを検討すべきではないでしょうか?

高度障害保険は?

高度障害は、認定されて保険会社から支払われる件数は年間1件程度と言われおり、

ざっくり言ってもかかる確率は0.1%以下です。

その0.1%にかけて年間何万も払う必要がありますか?

生命保険は?

生命保険ですが、これは自分が死んで困る人がいないのであれば、不要ですよね。

ですので結婚してお子さんがいる方は入るべきかもしれませんが、

私のように独身だった時に入る必要は全くないと思います。

つまり保険とは、「持っていたら安心だけど必ずしも必要なものではない」と思っています。

 

保険マンの正体

積み立ての保険ならどうせ返ってくるしお得、と思う人も多いと思います。

その商品は「数年後10%上乗せされて返ってきます」とかいう宣伝が多いと思いますが、ではなぜ上乗せされるのでしょうか?

それは保険会社が私たちのお金を運用しているからです。

ですがその運用益は、保険会社の人件費、設備費等、あらゆるコストに充てる必要があるので、

「自分の保険料が支払う必要のない費用に充てられている」とも言えます。

もしあなたが保険を資産運用の一つと考えるならそれは大間違いです。

積み立て保険を資産運用の視点で見ると、ものすごく利率の悪い商品になります。

「保険に資産運用の役割を持たすべきではない」のです。

 

必要な保険とは?

以上の理由から、私は自分で資産運用しているので、積み立て型保険は不要だと思っています。

今は格安の掛け捨て保険があるので、最低限の死亡保険のみで大丈夫です。(独身はそれすら不要)。

ここからは心の安定の話なので、それでもその保険をもって安心しておきたい!と思われる方は色々と入られたら良いかと思います。

 

その後のわたしと友人の営業マン

営業マンはその後転職してしまい、後任の方が来られましたが

挨拶の第一声は「なんでこんなに支払っているんですか?」でした。

その時気づきました。

結局私は最低限の掛け捨ての生命保険だけにし、高度障害保険は解約しました。

返戻金はなかったので、大きな授業料と思ってます。

おワン
アホやな
言うな
茶碗

まとめ

ということで、本日のまとめです。

保険がいる人

  • 自分が入院したり死んだ時に、金銭的に困る人がいる(家族等)
  • お金がない人
  • 自分で資産運用できない人

参考リンク

  • この記事を書いた人
Chawan

茶碗

茶碗と申します。米国株の銘柄分析や人生のサボり方について発信していますので、良ければフォローください。

-投資

© 2021 人生サボりブログ Powered by AFFINGER5